看護師現状仕事

看護師の現状とは

看護師は、病気や身体的な障害などで困っている方に対し、仕事を行う事ができ、非常にやりがいがあります。人に感謝される仕事ですし、役に立つ事もできるのです。しかし、そんな看護師ですが、どの病院や施設でも看護師不足の現状があり、頭を抱えています。これは、看護師の資格取得者が減少しているわけではありません。看護師資格保有者の9割が女性である事、結婚や出産、子育てを気に離職する方が多いのが主な原因です。また、離職した方が再度復職するという方も少ないのが現状です。そのため、現場の看護師不足という状態がみられています。そんな看護師事情について少しずつ説明していきます。

看護師の就職・転職に関して

看護師の就職や、転職に関してはそんなに難しいものではありません。病院やクリニックといった医療施設に加え、デイサービスやデイケアなどの介護施設など、就職先は多いためです。なにより、看護師不足の現代では、どの施設もある程度の好条件を揃えてでも看護師不足の解消をめざしています。ですから、ハローワークやナースバンクを見ても求人数はかなり多いです。他の看護師求人サイトでは、非公開の求人を多く取り揃えて、より現場で活躍できる看護師をその現場で働けるようにセッティングを行っています。この看護師不足という現状を逆手にとって、自身の都合にあった給料や勤務体系、福利厚生を整えてみるのがいいでしょう。また、他の職種では、なかなか離職後の再就職が難しいことが多いです。しかし、看護師はこの機にさまざまな条件を整えて復職を考える機会と共に、様々な職場について検討する事ができるのです。

 

看護師の好条件、高収入の求人がわかるサイトはこちら!

国の看護師の再就職にむけ対策を図っています!

2006年の診療報酬改定で、今まで10人に1人の看護師がつくのが基本であった現場を、7人に対して1人の看護師が担当するという現場に変える体制盛り込みました。これは、矯正ではないのですが、7人に1人の体制に変えることで、現場の多忙さや看護師がゆとりを持って、患者様をケアする事のできる病院には、より高い診療報酬を払う事を打ち出しました。こういったこともあり、看護師の求人はさらに増加し、より高い診療報酬と現場が動きやすい環境をあらゆる企業で動き出しています。しかし、現状ではますます看護師不足に拍車をかけており、看護師の給料の値上げなども検討されています。看護師が現場で不足することによって、病床数が減少し、患者数の受け入れも少なくなってしまいます。少しでも好条件をそろえて就職や復職をして、現場で活躍して欲しいと願っています。